プロは製品ニーズに合った金属材料を探して日夜努力している

サイトマップ

プロは製品ニーズに合った金属材料を探して日夜努力している

金属材料は思った以上にやわらかい

たくさんの部品

金属材料といえば鉄やアルミ、ステンレスなど、いかにも固そうなイメージがあります。実際、ゲームなどに登場する金属製の装備品なども堅牢な防御力を持っていたりするものですし、確かに製品としての金属が強固であることに間違いはありません。ですが、もしかしたら金属材料を加工する職に携わる人からすれば、金属が固いというイメージは逆にしっくり来ない可能性もあります。というのも、金属材料を加工して製品に仕上げるプロセスの中には、これを曲げ伸ばししたり、穴を開けたり、切断したりという工程が多分に含まれているからです。場合によっては形を変えるだけではなく、高温に熱して一度ドロドロに溶かしてしまうという場合もあります。
溶かした金属材料を鋳型に流し込んで、狙った形に加工していくことで、製品が仕上がるというわけです。金属材料のなかにも、そもそもの物質として固いものや柔らかいものがあります。特に頑丈なものはその性質を活かして金属材料を加工する側の機械部品などに利用されることもありますし、逆に柔軟なものは加工のしやすさを利用して大量生産される部品に転用されたりします。身の回りにあるカチカチの金属製品も、加工の段階では熱い溶岩のようなドロドロの状態だったかもしれません。なんとも興味深い金属材料の世界です。

金属材料のアルミホイルはどう捨てる?

溶接する

日本における金属材料に関わる産業について

さまざまなドリル

工業の分野では特性を吟味して金属材料を選択している

金属加工する

金属材料は思った以上にやわらかい

たくさんの部品