プロは製品ニーズに合った金属材料を探して日夜努力している

サイトマップ

プロは製品ニーズに合った金属材料を探して日夜努力している

日本における金属材料に関わる産業について

さまざまなドリル

日本は世界における主要先進国のなかでも特に産業が発達した国のひとつであり、金属材料を用いた最先端の研究や技術転用も十分世界に通用するレベルのものがあります。これは日本人としてはなんとも誇らしいところであり、あるいは当然のように感じている人も少なくないでしょう。ですが実際、これは考えてみれば非常に不思議なことです。というのも、日本は食糧でも金属材料でも、基本的に自国の資源に恵まれた国では決してないからです。かつては日本の各地に金山や銀山が発見されたものですが、それでも中国やロシアなどと比べれば金属の産出量でとても張り合えるものではありません。
それがなぜ産業の分野において世界各国と肩を並べて、あるいは時には牽引していけるほどの立場にあるかというと、他ならぬ技術力が優れているからに違いないのです。学校の社会の教科書などで、加工貿易という言葉を習った記憶があるかもしれません。日本は資源の産出量は少ないながら、その資源を操る能力に長けているために、ハンデをものともせずに世界で活躍しているのです。そしてその裏には、金属材料について日々研究と実験を重ね、次々と新しい物質やその利用法を見出す研究者たちのたゆまぬ努力があるのです。

金属材料のアルミホイルはどう捨てる?

溶接する

日本における金属材料に関わる産業について

さまざまなドリル

工業の分野では特性を吟味して金属材料を選択している

金属加工する

金属材料は思った以上にやわらかい

たくさんの部品